ニキビができる原因A

ニキビができる原因そのA

 

 

乾燥

 

 

10代の思春期ニキビの大きな原因は、過剰に分泌された皮脂、20歳以降の大人ニキビは、乾燥した肌にできやすくなります。

 

 

例えば、乾燥するのに肌がベタつくというのも、大人のニキビ肌によくある症状で、肌の表面が乾燥すると、
皮膚の機能が潤いを守ろうとし、たくさんの皮脂を出すように働くからです。

 

 

そして、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビができるという事です。

 

 

また、乾燥した肌は新陳代謝の乱れから角質が硬く厚くなり、毛穴を狭めてしまうため、ますます、皮脂が詰まりやすい状態になります。

 

 

ニキビだからといって皮脂を取り除くと、余計に乾燥に傾くのが大人の肌です。