真皮

真皮とは?

真皮

 

真皮(しんぴ)は表皮の内側にあって、コラーゲンという線維状のタンパク質がその大部分を占めています。

 

 

そして、その間をヒアルロン酸などのゼリー状の基質(酵素の作用を受けて化学反応を起こす物質)が水分を抱えながら満たしていて、

 

これにエラスチンという線維状のタンパク質も加わって、肌に弾力を与えます。

 

 

これらの線維や基質を生成する細胞を線維芽細胞(せんいがさいぼう)といいます。

 

 

さらに、真皮には血管、リンパ管、汗腺(かんせん)などがあります。