ケラトヒアリン顆粒

ケラトヒアリン顆粒とは?

 

顆粒細胞の中に存在するガラス質状の顆粒(かりゅう)。

 

光を屈折させ、反射させる性質があるので、肌内部に入ろうとする紫外線を跳ね返す働きがあるとされている。