メラニン

メラニンとは?

紫外線を浴びるとメラノサイトに信号が送られます。

 

 

すると、メラノサイトはメラニンという色素を生成し、細胞内のメラノソームという小胞(しょうほう)【細胞での合成産物の貯蓄】に蓄積します。

 

 

メラニンがいっぱいになったらメラノソームは、メラノサイトの先端からケラチノサイトに受け渡され、ここで、メラニンが現れます。

 

メラニンはケラチノサイト内に溜まり、紫外線から細胞を守る働きをしているのです。