たるみ 原因

【たるみ】ができる原因とは!?

たるみ 原因

 

たるみの原因は、大きく分けると3つです。

 

それが、

 

  1. 筋肉の衰え
  2.  

    顔の表情筋は手足の筋肉とは異なり、骨ではなく直接皮膚に付いているため、細かな表情を作り出すことができます。
    加齢とともにに顔の筋肉も衰えていき、その上に付いている皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなります。

     

  3. 肌弾力の低下
  4.  

    真皮内で、肌のハリを支えるコラーゲンやエラスチンの質が変化して、肌の弾力が失われます。

     

  5. 皮下脂肪の肥大化
  6.  

    皮下脂肪は脂肪組織の大部分を占めていて、エネルギー貯蔵、保温などの働きがあります。
    この皮下脂肪が年齢を重ねるごとに代謝機能が衰えて肥大化し、重力の影響で下へと落ちてきます。

 

たるみを引き起こす要因とは!?

 

たるみを引き起こす要因は7つあります。

 

それが、

 

  1. 栄養不足
  2.  

    タンパク質やコラーゲン合成や新陳代謝をはかどるようにするビタミン・ミネラルなどが不足すると肌の新陳代謝が順調に進まず、

     

    皮膚機能を維持できなくなる為、肌が荒れやすくなります。

     

  3. 睡眠不足
  4.  

    睡眠が不足すると、睡眠中に行われる肌の新陳代謝がうまく進まず、酸素・栄養・老廃物の交換が順調にいかず、たるみに繋がる。

     

    睡眠中は、皮膚細胞を構成するタンパク質の合成が盛んになり、肌のダメージを修復する成長ホルモンが分泌される。

     

  5. 喫煙
  6.  

    タバコに含まれるニコチンが血管を収縮(しゅうしゅく)させ血行を阻害するため、酸素や栄養素が皮膚に運ばれにくくなり、皮膚の働きを衰えさせます。

     

    また、タバコは体内に大量の活性酸素を発生させ、一服で20〜100ミリグラムの体内ビタミンCが失われます。

     

    コラーゲン生成をはかどらせたり、メラニンの生成を抑える働きがあるビタミンCが破壊されると、シワやたるみが起こり、肌のツヤも無くなります。

     

  7. 活性酸素
  8.  

    酸素が体内に入ると活性酸素に変化します。

     

    活性酸素は本来、ウイルスなどから体を守ってくれる物質ですが、細胞を錆び(さび)させる働きも同時にします。

     

    この活性酸素が真皮のコラーゲンなどの線維や線維芽細胞(せんいがさいぼう)にダメージを与え、細胞を老化させてしまいます。

     

  9. ストレス
  10.  

    強いストレスを受けるとストレスホルモンが分泌され、血管を収縮させたり、免疫機能の低下、
    基底細胞増殖力(きていさいぼうぞうしょくりょく)の低下などが起こり、肌のターンオーバー(新陳代謝)が崩れて、肌のバリア機能までも低下してしまいます。

     

    そのため、肌荒れに繋がります。

     

  11. 紫外線
  12.  

    真皮のコラーゲン、エラスチンなどを破壊し、肌の弾力が失われる。

     

  13. 乾燥
  14.  

    肌は常に内部の水分を蒸散させています。

     

    肌が乾燥すると、肌表面の保湿力や抵抗力が低下し、新陳代謝が乱れて、肌のハリが失われます。

 

です。

 

この7つは外的、内的、生活習慣の3つの要因に分けることができます。

 

外的が

 

乾燥・紫外線・ストレス

 

内的が

 

活性酸素

 

生活習慣が

 

喫煙・睡眠不良・栄養不足

 

この事をしっかりと意識していれば、たるみを抑えることができるでしょう。

 

 

 

たるみ予防の美顔器 ライザップ?