シミ 原因

シミのできる原因とは!?

シミ 原因

 

シミは皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着(ちんちゃく)したもの。

 

紫外線を浴び続けることでできるのが一般的ですが、子供の頃から見られるソバカスやホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」というシミもあります。

 

そこで、大きく4つに分類されるシミの種類を見ていきましょう。

 

シミの種類

 

※日光黒子(にっこうこくし)‥‥多くのシミがこのタイプ。中年以降に増えて、主に紫外線が原因とされる。

 

 

※雀卵斑(じゃくらんはん)‥‥いわゆる、ソバカス。遺伝性が強く、思春期に特に目立つようになる。

 

 

※炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)‥‥やけど・ニキビ・化粧品かぶれなどによる肌の炎症が治ったあとに生じる褐色(かっしょく)のシミ

 

 

※肝斑(かんぱん)‥‥女性の顔に多く生じるシミで、
妊娠・経口避妊薬(けいこうひにんやく)などのにより誘発あるいは悪化するので、
女性ホルモンが関連して発症すると言われる。紫外線でも少し悪化する。

 

 

 

皮膚の細胞は約28日周期で新しい細胞に生まれ変わるターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

 

紫外線を浴びて作られたメラニンもほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞と共に剥がれ落ちます。

 

ところが、さまざまな原因でメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れて、本来剥がれ落ちるはずのメラニンもそのまま滞ってシミになってしまうという仕組みです。

 

シミをそのままにしておくと

 

 

シミを長年放置したままにしておくと、イボ状に隆起(りゅうき)【ある部分が高く盛り上がること】し、
脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)という老人性のイボに進展することもあります。

 

また、長年紫外線を浴び続けて光老化(ひかりろうか)が進むと、皮膚がカサカサしたうろこ状やカサブタのようになる事があります。

 

これは日光角化症といい、まれに皮膚がんの元になることもある病変ですので気を付けましょう。

 

 

特許取得のシミ、シワ対策